スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小塚に感謝

2011年10月27日 00:23

トロントから帰国し、あっというまにシーズンイン。
ロサンゼルス郊外のオンタリオまで、スケートアメリカの取材にいってきました。
小塚崇彦選手の原稿書きました。
ひさびさに、言いたい事を出し切った気分です。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/winter/skate/figure/text/201110250001-spnavi.html

実はこのところ、自分の原稿スタイルに疑問があったりして、かな~~り考え込んでいました。


・もと新聞記者として、正確かつ分かりやすい記事を書こうというスタンス
 →そのためには膨大な取材をして少しだけ書く、という作業が必要

・スケーターとして知った情報がある(インタビュー以外に時間に聞いた言葉とか、もちろん書かない)
 →でも、スケーターとして、知識を生かした詳細な記事を書きたい

といった事がベースにあって、さて私は何を書けば、「私らしい原稿」になるのかなってことを
考えていたのです。

リンクに通っていると、インタビューや試合以外でも、
色んな情報が入ってくる。
それはスケーターとして知った情報であり、記者として知りえた情報ではない。

でも一方で、スケーターとして知識がある私だからこそ書ける原稿を書きたい。

では、スケーターとして原稿を書くのか、記者として原稿を書くのか。
そして軸足をどこに置いて原稿を書くのか。
読者か、スケーターとしての自分か、記者としての自分か、選手の味方としての自分か。

とまあ、分かりにくいかも知れませんが、自分なりに、悩んでいて
「次の原稿で、自分のスポーツライターとしての意欲を示さねば」と、課していたのです。

そして、スケートアメリカで、小塚を取材。

彼がひとつの転機を迎える演技をしたこと、
それについてとても素晴らしい話をしてくれたこと、
その彼の思考回路や言葉の意味を一歩深く理解できたこと。
そんないろんなことが重なって、原稿を書くことができました。

読者に、彼の心の中が少しでも伝われば。
そして彼の求めているフィギュアスケートが何なのかが、伝わればと思います。
そして、この記事をもし小塚君が読んでくれていれば、彼の頭の中が整理されるための一助となればいいなと。

そんなわけで、今夜はスッキリしています。
いい演技をしてくれて、いいインタビューをさせてくれた小塚に感謝です。






スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。