スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トロント生活も8週間が過ぎました

2011年09月01日 10:45

7月10日にトロント入りしてから、いよいよ8週間が経ちました。
憧れのクリケットクラブ(ブライアン・オーサーのリンクです)での生活も大満喫しています。

クリケットクラブは、クリケット、テニス、カーリング、フィットネス、フィギュアスケートの総合スポーツクラブ。
かなりセレブな空間です。
結婚式ができるレセプションルームとかもあって、日本でイメージするスポーツクラブではなく、
セレブな方々が趣味のスポーツをたしなむ場所、なのかな?
駐車場はトヨタ、ベンツ、BMWばっかりです。

フィギュアスケートのリンクは、2面(ロングとショート)が鏡。
写真左側のロングサイドが、選手室やコーチ室、音響室。
そして手前のショートサイドはガラス張りになっていて、
スケーティングラウンジというホテルのラウンジみたいな部屋から眺められるようになっています。
見学している父兄が、スケーティングラウンジでディナーやワイン、チーズなんかを楽しみながら見学しているという、
ちょっと日本ではありえない状況です。


クリケットクラブ

氷はちょっと柔らかめで、とにかくスムース。
フィギュア専用リンクだから柔らかいのと、製氷のたびに係員がすべての穴を手で埋めてくれるので、
トウの穴も、変なトレースも、全く残っていない。
蹴らないでも、エッジだけで前に進むリンクです。
だから、常に自分の軌道がきれな丸を描いてくれるのです。
とにかくすごい!

コーチ陣も素晴らしいです。
私は、アダルトのサマーセッションなので、さすがにブライアンの直接指導ではなく・・・
でも私ごときに、3人もコーチを付けてくれました。
■ジャンプ専門のジェフ(ハーネスを使うのがうまい)
■アイスダンス出身でストロークの達人、エド、
■ペア出身で、スケート理論や総合アプローチが素晴らしいマージン

マージンが、もっとも樋口先生の求めるフィギュアスケートに近く、
またブライアンにも近いイメージでした。
なので今日現在は、マージンが私のメインコーチ。
彼のおかげで、フィギュアスケートの理論がかなり理解できました。

カナダは、日本に比べてとてもフィギュアスケートが理論的です。
どのコーチも、身体の動きや、タイミング、姿勢、重心位置、身体軸の位置を
細かく説明してくれます。
「この技は、こういう力の流れが身体に加わるから、手はここ、足はここ」
「滑りのスピードを生かすためには、このタイミングでひざを曲げるのがいい」
みたいな感じで。

そしてマージンはさらに、私のように身体が言う事効かないオバサンに対して、
いろんなアプローチで、ベストウェイを一緒に探してくれるコーチです。
「このパターンはどう」「この姿勢ではどう」「ここを意識したらどう」
というように色んなやり方をやるよう指導してくれて、
そのなかで私が一番「自然」「やりやすい」「痛くない」
というものを見つけようと言ってくれる。
なんだか、一緒にwork with している感覚があって、とても楽しい!

それに、樋口先生にはこう習っている、ということを見抜いてくれて、
「ユタカの求めるスケートにヨシエを近づける」
ということを意識してくれる。
ここが、ものすごく私にとって大きい。
だって、カナダにスケート留学して、樋口先生が望んでるのとは違う形になってしまったら、それは困るから。

もちろん、ここクリケットクラブは樋口先生のホームリンクだし、
樋口門下生みんなここで夏合宿してるのだから、
大丈夫だとは思うんだけど。

そんなこんなで8週間です。
あと20日間。がんばります!





スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。