スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧州選手権 会場室温は氷点下!

2011年01月28日 16:49

フィギュアスケートの歴史的大会、欧州選手権に来ています。
今年はスイスのベルンで開催!
スイスは何度もホスト国になっていますが、ベルンでは初開催

そのために、会場はフィギュアスケート大会を受け入れるための
暖房設備の準備が間に合わず、えらいことになっています。

まず、会場は入場門などがオープンエアなので外気が流れ込み、外と同じ温度。
今日の気温は、最低気温マイナス3度、最高気温0度です。
観客席にいても吐く息が白い・・・

このポストファイナンス・アリーナは普段はアイスホッケーのホーム。
立ち見を入れて1万7000人の観客の熱気で、暖かいそうです。
しかしフィギュアの試合となると着席の7000人がマックス。
当然、ショートプログラムの日などは空席も目立つので、ものすごく寒いのです。

スイススケート連盟としては暖房設備の設置を働きかけたのですが間に合わず、
結局、スイスアーミー(軍隊)の方々が大量の麻布(毛布用)を会場に運び込みました。
観客や私たちは、スイスアーミーの麻布に巻かれながら観戦しています。

でもライターの私はマシ。
カメラマンは、その麻布にすらありつけず、
リンクサイドでエスキモーみたいな格好で撮影しています。
カメラの電池の消耗も激しいです。

日本から来ている仲間たちと
みんなで心をひとつに頑張りますね!

レポートはいつものniftyに掲載、
あとはJスポーツウェブを宮本あさかさんというライターさんと一緒にお手伝いしています。

■ニフティ フィギュアスケート特集
http://iceblue.cocolog-nifty.com/blog/

■Jスポーツ 欧州フィギュアスケート情報
http://www.jsports.co.jp/press/column/article/N2011012723071106.html

スイスアーミーが搬入した麻布
スイスアーミーが搬入した麻布
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。